幼稚園受験 合格に必要なこと

その1 幼稚園が考査で見たいこと

その2 親の準備

その3・子どもの準備

1. 幼稚園が考査で見たいこと

 

幼稚園に合格するための準備とは、なにか特別なことなのでしょうか?

幼稚園が考査で見たいと思っているのは、「当たり前のことが当たり前にできるかどうか」です。

しかし、この「当たり前のこと」が最近、とても難しくなっているのだと感じます。

倍率が高い有名私立幼稚園に合格するためには、この「当たり前のこと」が、より高いレベルで確実に出来ていることが、親子共々、求められます。

幼稚園受験は、3年保育なら8~9割、2年保育なら7~8割が親の受験だと言えます。子どもをきちんと育てている。良識がある。園の方針を理解し賛同している。このような親の姿が求められています。

では、「当たり前のこと」とはどのようなことでしょうか。親の準備と子どもの準備に分けて、お伝えしたいと思います。

2.  親の準備

 

幼稚園選び

教育方針、設備、環境、通わせている親の雰囲気、通園距離などをよく比較検討し、わが子にもっとも合った幼稚園を探して欲しいと思います。但し、親が楽をすることばかり考えてはダメです。

園バスが自宅近くに停まるから。お弁当ではなく給食だから。保育時間が長くて楽だから。

これでは親の都合だけの幼稚園選びです。

幼児期に親子手を繋いで、四季折々の風を感じながら通園する時間は、親子にとってかけがえのない時間、そして思い出となるでしょう。

お母様の手作りのお弁当は、子どもが母親の愛情を感じることが出来る大切なツールです。

初めての社会生活で子どもも疲れます。家庭で過す時間も大切にして下さい。

お子様のための幼稚園選びをして下さい。

 

志望園が決まったら

まずは受験する幼稚園の情報をできるだけ収集しましょう。ホームページで確認し、説明会や公開行事にはできる限りご両親で参加すると良いでしょう。実際に幼稚園に足を運び、通園時間を確認して下さい。ご自身の目で園を見ておくことが、とても大切な面接対策となります。

面接に備える

過去の質問例を調べ、解答例をノートに書いて準備しましょう。志望理由や家庭の教育方針について、ご両親で十分に話し合いをしておく必要があります。幼児教室で行っている、面接の練習などを活用し、先生からアドバイスを頂くと安心です。

 

 

願書の準備

首都圏の幼稚園の願書配布は10月15日以降と決まっています。志望理由を書く欄が殆んどの幼稚園の願書にありますので、下書きをして準備しておきましょう。願書配布前に写真を撮っておくことは出来ます。願書配布後サイズを指定して焼き増ししてもらうことが可能です。

初めて幼稚園に提出する書類が願書です。その願書が不備なようではいけません。しっかりと準備して下さい。

 

 

3.  子どもの準備

 

躾について

子どもは育てたように育つのです。母親の一番大切な役割は、食生活とともに子どもの躾です。躾の外注はダメです。就園前の幼児期は第一反抗期の時期でもありますが、今が一番、親の思い通りになる時期なのです。育児本を見て「3歳になると○○ができる。4歳では○○ができるようになる…」と思っても、それは何もしないでも、その年齢になると自然に○○ができるようになるわけではありません。「三つ叱って五つほめ七つ教えて子は育つ」と言います。最近、ほめて育てるだけが強調されていますが、その前に親は三つ叱って善悪の判断をつけるようにしなければなりません。七つ教え、食事のマナーや公共の場でのマナーを身につけさせなければいけません。

当たり前のことの一つとして、子どもをわがままにさせない、ということがあります。子どもを王子様、お姫様どころか、このごろでは王様!王女様!お殿様!!扱いにしているご家庭もあります。

「うちの子はどうしてこんななんでしょう…」と嘆くお母様がいらっしゃいますが、子どもは育てたように育ってしまっているのです。しっかりと躾をしましょう。

次に基本的生活習慣を身につけることが大切です。食事、排泄、睡眠、衣服の着脱、清潔の中で、もっとも重要なのは食事です。食事を規則正しく、時間を決めて好き嫌いなくバランスよく取ることができれば、おのずと排便や睡眠のリズムも整ってきます。

これに加えて、時間を守る、約束を守る、きちんとした挨拶ができる、善悪の判断が出来る、お片づけが出来る、幼児としての最低限のマナーやルールを守るという自立した生活態度が必要です。家庭生活の中で、靴を揃えること、椅子を入れること、ハイと返事をすることを励行していきましょう。

これらは当たり前のことですが、この当たり前のことが、より高いレベルで確実に出来ることが、幼稚園受験の一番の準備となります。

「わが家で、この場面ならば、出来る」ではなく、いつでも、どこでも、どんな状況でも、これらのことがしっかりと出来るように子育てしていれば、幼稚園受験の結果はついてきます。

 

 

母子分離

考査では、お母様と離れて、お子様が先生に連れられて一人で試験会場に入っていかなければなりません。年齢相応に情緒が発達していれば、状況を理解しスムーズに考査へ向かうことができるはずです。2~3歳の幼児ですから、不安になって少しくらい泣くのは仕方ありません。でも先生が優しく言い聞かせて、楽しく一緒に遊んでくれるにもかかわらず、最後まで激しく泣いてしまう場合は、親子関係に何らかの問題があるのではないかと判断されてしまいます。泣くのは二つのタイプ。一つは親の期待が大き過ぎる場合。もう一つは親が過干渉、過保護な場合です。

子どもに「いつでもあなたのそばにいますよ。あなたを信じていますよ。」というメッセージを言葉とスキンシップでしっかりと伝え、子どもの自立を促しましょう。

集団生活に順応できる丈夫な体を作る

園生活において支障のないだけの体力、運動能力が年齢相応に備わっているかを考査では見られます。階段の上り下り。平均台を渡る。片足バランス。線上歩行。かけっこ。手遊びやお遊戯などが出題されています。

幼稚園受験のために特別な訓練をするのではなく、日常生活において、まず子どもを歩かせることが大切です。親の都合でバギーに乗せて、どこへでも連れ歩くようではいけません。

そして、親子一緒に思いっきり体を動かして遊ぶことが、体をバランスよく鍛えるためにとても有効です。

 

 

言葉の発達

発語の時期にはかなり個人差があります。考査の頃に、幼児語が残るお子さんも多いことと思います。幼児語が残っていても構いません。しかし、親の関わり方として、常に正しい日本語で語りかけ、人の話を聞く態度を身につけさせ、会話が成り立つように促していかなければいけません。

よく喋るお子さんでも、自分本位な話し方ではなく、幼児なりに聞かれたことにきちんと答える習慣を身につけておきましょう。

先生:「お名前を教えてください。」

子ども:「パンがたべたいの!」

これでは困ります。

絵本は言葉の宝庫です。絵本の読み聞かせをたくさんするようにしましょう。お子さんの語彙も豊富になるでしょう。

 

 

これらのことを心掛けながら、当たり前のことが、より高いレベルで確実に出来るようにしていけば、幼稚園受験の準備は万全です。

富士チャイルドアカデミー  前 宏美

 

 

提供: 

東京・神奈川に7教室  富士チャイルドアカデミー

 

 

 

 

前先生のブログが人気です。 こちら

日々更新!

小学校入試研究会の印刷済みの問題集が購入できるようになりました!

幼稚園受験問題集も販売しています。

七田式トレーニングがご家庭でできるようになりました!

幼稚園受験練習ワーク①・②

幼稚園受験用問題集

図形、数、ことば、常識、などの幅広い分野の基礎的な問題で構成されています。 保護者の方とゆっくり時間をかけながら学習してください。

購入は コチラ

入園試験 出題問題 一覧と家庭対策資料集

幼稚園受験の入園試験資料集です。

私立・国立幼稚園で過去に出題された入園試験を調査し、「集団テスト系」、「運動系」、「制作・絵画系」、「個別テスト系」の4グループに分類しました。それぞれ「出題問題例」と「おすすめ家庭対策アドバイス」に分けて掲載しています。

コチラ

面接質問集のご案内

私立・国立幼稚園で過去に出題された質問の出題頻度や質問内容を調査し、保護者用4項目と幼児用3項目に分類しました。
最重要質問から園オリジナル質問まで幅広く網羅しています。
詳しい説明は コチラ

姉妹サイト

東京・神奈川版 幼稚園受験.com
東京・神奈川版 幼稚園受験.com
関西版 幼稚園受験.com
関西版 幼稚園受験.com

情報収集に

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

 小学校・幼稚園受験(本人・親)のブログ集

 

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ

小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)のブログ集

  

幼稚園児・保育園児育児 子育てブログ